印刷技法と印刷単価

印刷物制作の最終工程である印刷に関するお話です。 一般的に商業印刷でよく利用されている印刷技術には「オフセット印刷」と「デジタル印刷(オンデマンド印刷)」があります。 それぞれにメリット、デメリットがありますので、用途により使い分けています。

オフセット印刷とは

商業印刷において、最も標準的な印刷技法です。 フルカラー表現には4色(シアン:青、マゼンダ:赤、イエロー:黃、ブラック:黒)のインキが重なり合ってフルカラーを表現します。 1色につき、1つの判が必要となるため、後記のデジタル印刷より初期費用と時間がかかります。

オフセット印刷のメリット

  • 大量印刷に適している(部数が多いほど単価が下がる)
  • 仕上がりがきれい(文字や写真の輪郭がシャープ)

オフセット印刷のデメリット

  • 版の制作費がかかるため少部数では割高
  • 上と同じ理由で納期がかかる

デジタル印刷(オンデマンド印刷)とは

オンデマンド印刷という呼び名の方が一般的かもしれません。 「オンデマンド=需要に即して。要求に応じて」 言葉の意味からわかるように、小部数で短納期に適した印刷技法です。 みなさんが会社などで使用しているカラーレーザーやインクジェットプリンターの高精度版とイメージされるとわかりやすいと思います。 版を作る必要がないため、初期費用はオフセット印刷に比べ、安価で、すぐに印刷を開始できます。 何を印刷するかによりますが、100部以下で、とにかく急いでいるときにはデジタル印刷が適しています。

デジタル印刷のメリット

  • 小部数(目安として100部以下)での価格が安い
  • 納期が早い

デジタル印刷のデメリット

  • オフセット印刷に比べて、仕上がり品質が落ちる(文字などの輪郭が荒い。特色印刷ができない など) ※デジタル印刷技術は日々進化しており、近い将来オフセット印刷の品質に並ぶのではないでしょうか。

印刷単価について

大量印刷に適しているオフセット印刷を利用する場合は、部数違いの見積りを数種類とることをおすすめします。 500部、1000部単位の違いで、一部単価が随分変わることがあります。 ただし、安くなるからといって一度に大量に印刷してしまうと、カタログ、冊子など厚みがあるものはそれなりの保管スペースが必要となりますので、事前にどのくらいのスペースが必要なのかをご確認ください。