印刷物

NOTE

印刷物の色指定について

カラー印刷ツールの制作時に知っておいて損はない、色指定についてご紹介したいと思います。

プロセスカラー印刷について

一般的にカラー印刷といえば、プロセスカラーと呼ばれる4色を掛け合わせることでフルカラーを表現する、プロセスカラー印刷で行われます。

プロセスカラーの4色はCMYK(シーエムワイケー)と呼ばれます。

 

 

C/Cyan:シアン(明るい青)
M/Magenta:マゼンダ(紫がかった赤)
Y/Yellow:イエロー
K/Key:黒
※Kはkuroの意味だと勘違いしていましたが、Key plate の意味だそうです。
色の三原色であるシアンとマゼンダ、イエローをかけ合わせれば、理論上、黒色になるはずですが、インキの性質上真っ黒にはならないため、別途黒インキを使用するそうです。

 

 

この4色を微細な点(ドット)で掛け合わせることでフルカラーを表現しています。

 

 

ポスターなど比較的大きな印刷物の写真部分やグラデーション部分をよく見てみると点が確認できると思います。

最近では、技術の進歩で、より小さな点で高密度な印刷が可能になっています。

近い将来、ルーペ程度では点が確認できないほど、高精度な印刷機ができるのではないでしょうか。

特色印刷について

カラー印刷には、プロセスカラーでは表現できない色を使用できる、特色(とくしょく)印刷という方法もあります。
特色印刷は、プロセスカラーのように色の掛け合わせで表現するのではなく、あらかじめ調合した単色塗料を使用します。
ですから、プロセスカラーでは表現できない金色や銀色なども使用可能です。
色はインキの配合率などが規格(DICやPantone、TOYOなど)で定められているため、印刷会社が違っても、安定して同じ色が表現できます。

また、同じ色を表現した場合でも、プロセスカラー印刷よりもシャープで重厚な印象になります。(単色ですので拡大しても、プロセスカラー印刷のように点(ドット)は確認できません)

 

 

 

規格色の見本帳を参考に印刷会社に指示を行います。

 

 

印刷業界でスタンダードな「DIC(ディック)」の見本帳(1200色以上)。
見本帳に記載された番号(DIC-○○番)で指定します。

用途やデザインによって使い分ける

プロセスカラー印刷と特色印刷それぞれに特徴がありますので、目的に合わせて使い分けましょう。

プロセスカラー印刷の特徴
  • グラデーションなどの滑らかな色表現が可能。
  • 入稿データは同じでも、印刷会社により、色の違いが出やすい。
特色印刷の特徴
  • 色が規格化されているため、仕上がりのイメージがしやすい。
  • 金色や銀色などCMYKでは表現できない色が使用できる。
  • 単色インキならではの、重厚な仕上がりになる。
  • グラデーションなどの滑らかな表現ができない。
  • 特色1色につき、印刷版が必要になるため、印刷費が高くなる。
まとめ

一般的に、クライアントから希望がない場合、プロセスカラー印刷で印刷されることが多いと思います。(もちろん、提案をしてくれる制作会社もあります)

特色印刷は、費用が余計にかかりますが、それに見合った効果が見込めますので、ぜひ制作会社にご相談してみてください。

CONTACT
1営業日以内に返信いたします。お気軽にお問い合わせください。

CONTACT FORM

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL 053-523-8065

電話受付時間 月〜金9:00−18:00